2010年12月20日

悪性リンパ腫

悪性リンパ腫

悪性リンパ腫という単語を一度は聞いたことがあるかと思います。

そう、いわゆる「がん」です。

この悪性リンパ腫というのは、リンパ系の組織から発生する腫瘍の一つで、悪性の反対に良性リンパ腫というものないかと思われますが、日本ではリンパ腫というのは基本悪性リンパ腫と診断されます。

リンパ系とは

そもそもリンパ系というのはリンパ節、胸腺、秘蔵、扁桃腺からなる組織・臓器とリンパ節を繋ぐリンパ管、その中を流れるリンパ液からなります。

リンパ系を構成する主な細胞はリンパ球といわれます。

このリンパ球とは白血球のことで、リンパ球と液体成分はリンパ管を流れるうちに血液と合流し、リンパ管は血管と同じく全身に分布しています。

このリンパ管に悪性腫瘍が出来てしまうと、リンパ管に腫瘍細胞が運ばれ全身に転移してしまう可能性があります。

悪性リンパ腫というのはリンパ系組織のがんの総称であり、悪性リンパ腫にあたいする疾患は多々あります。

その疾患の治療法や症状、どういった原因なのかを詳しく知り正しい治療法を得ることが重要になりきちんと医師に診てもらいましょう。
posted by キャンサー at 07:22| 悪性リンパ腫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。