良性腫瘍

2010年05月10日

良性腫瘍

良性腫瘍
悪性腫瘍もあればその反対の良性腫瘍もあります。

悪性腫瘍(がん)は命の危険がありますが、良性腫瘍は命の危険はありません。

発生したとしても、増えるスピードは遅く、無限に増殖して大きくなるということもなく、転移もしないからです。

良性腫瘍のほとんどは治療せずにほうっておいても問題が無いのです。

これの反対の悪性腫瘍というものは、無限に増殖し大きくなり、正常な細胞を破壊し臓器機能を低下させ他に転移する細胞のことです。

良性腫瘍の種類

良性腫瘍にもいくつ物種類があり、

.乳頭腫
.腺腫
.ポリープ
.嚢腺腫
.線維腫
.粘液腫
.脂肪腫
.軟骨腫
.骨腫
.横紋筋腫
.平滑筋腫
.血管腫

とこれらの腫瘍のものは良性腫瘍となります。

これら良性腫瘍が体に発生したとしても、基本的には心配をする必要はありませんが、良性腫瘍の種類によっては悪性腫瘍に変化するものもあります。他に、悪性腫瘍を良性腫瘍が包んで隠しているというケースもあるそうです。

ですが、良性腫瘍が悪性腫瘍になる変化はかなり低い確率ですので、それほどまでに警戒するのではなく、もし腫瘍が見つかったのであればそれをきっかけに日々の生活を見直してみるのはどうでしょうか。
posted by キャンサー at 07:22| 良性腫瘍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。