悪性黒色腫

2010年08月21日

悪性黒色腫

悪性黒色腫というのは?

悪性黒色腫とは皮膚がんの一種です。

ほんの噂話て聞き覚えがある方もいらっしゃるかと思いますが、ほくろががんに変質するというのも悪性黒色腫の一種です。

皮膚がんにもいくつか種類があり、その中でももっとも悪性度が高いといわれるのが悪性黒色腫です。

この悪性黒色腫は皮膚の色素、メラニンと呼ばれるものを作る細胞、メラノサイトという細胞が変異し腫瘍化したものとされています。

ほかに母斑細胞、ほくろの細胞が悪性化した腫瘍と考えられています。

悪性黒色腫というのは人種により発症率が大きく変わり、主に白人が多く日本人では発症がかなり少ない傾向にあります。

この悪性黒色腫ですが、表皮だけではなく粘膜にも発症する可能性もあるそうです。

悪性黒色腫の原因

この悪性黒色腫は白色人種の発症率は有色人種の数倍ほど高い傾向にあります。

紫外線が強い地域はもちろん発症の可能性があり、他に遺伝的に発症しやすいというものも考えられています。

自国ではそういった遺伝的な可能性は報告されてなく、そういった家計があるのかは明確になってはいません。

他の可能性として、足の底や爪、ふだん慢性的に刺激を受けやすい部位や衣類などでこすれる部位、外相を受けた部位などに発祥が多く見られるようで、外的刺激も大きな要因とされています。

このことからも、ほくろなどに対しつついたり、焼いたりと刺激を加えることは決してやらないほうがいいとされています。
posted by キャンサー at 07:22| 悪性黒色腫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。