2010年07月14日

腫瘍マーカー

腫瘍マーカー

腫瘍とは、細胞の一部が異常をきたし、変異したり異常分裂をしてしこりや腫れあがったりした部位のことです。

この腫瘍には良性と悪性があり、悪性腫瘍のことを俗に言うがんといったり、肉腫といったりします。

体内に腫瘍ができると、健康なときではほぼ見られない腫瘍特有の物質が発生し分泌され、血液中に流れていきます。

この物質を「腫瘍マーカー」といい、臨床検査などで使われています。

腫瘍マーカーの種類

腫瘍マーカーには特定の種類があり、その種類によってがんの発生箇所を特定することが出来るとされています。

ですが、最近の研究ではその腫瘍マーカーが特定の部位に限らずに発生することがわかってきました。

この腫瘍マーカーで反応する腫瘍は食堂、肺、肝細胞、前立腺、乳房、胃、膵臓、大腸、子宮、卵巣と多くの部位に反応します。

腫瘍マーカーの位置づけ

腫瘍マーカーは、残念ながらがんの早期発見のために使えるかという意味で確立したものではありません。

腫瘍マーカーというのは信仰したがんの状態を把握するのに使われるのが現状です。

さらに腫瘍マーカーには、閾値というのが人によってばらつきガある場合があり正確な判断がつけれるわけではりません。

仮に腫瘍マーカーであたいが高くてもがんが進行したというわけではなく、がんがあるというわけでもない場合があります。
posted by キャンサー at 18:05| 腫瘍マーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。