2010年03月25日

悪性リンパ腫の原因

悪性リンパ腫の原因とは?

悪性リンパ腫の原因は現在のところはっきりとは解明されていません。

しかし、その発症の理由にウィルスが関与しているということが多く指摘されています。

成人T細胞八卦旧及びリンパ腫については白血球1型ウィルスによる感染が考えられ、
バーキットリンパ腫に関してはEBウィルス(エプスタイン−バー・ウィルス)が関与しているといわれています。

*バーキットリンパ腫とは、悪性リンパ腫の中の非ホジキンリンパ腫を更に分類したものの一つで、染色体の遺伝子の一部が入れ替わる転座するというものが特徴的な異常が起こります。

他にも色々と要因があるとされているのですが、結論としては原因解明はできておらず、考えられる要因としてウィルスによる感染が多いことから原因の多くはウィルスによるものが大きいという見方があるのです。

他の原因とは?

他のウィルスとは違った原因としてカビなどの菌類による説、遺伝説などがあります。もちろんいまだに原因が解明されていなので、これは説という意味以上のものはありません。

posted by キャンサー at 16:38| 悪性リンパ腫 原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。